その他のメーカー 田植え機 の買取相場・買取実績

その他のメーカー
×
田植え機

実績一覧

1

相場が決まるポイント

  1. ポイントその1

    売却する田植え機のメーカー

    田植え機の買取価格はメーカー・型番・製造年・使用時間数によって決まります。国内大手メーカーのクボタ、ヤンマー、イセキ、三菱農機で生産されている田植え機は海外でも人気があるため、高額買取が可能です。また、型番によっても中古市場で人気の田植え機に差があります。製造年が新しい田植え機や、アワーメーターの時間数が少ないものほど長く使用でき、買取額が上がりやすいです。田植え機の査定時には、動作不良の有無や本体の状態も確認するので、あらかじめ点検しておきましょう。

  2. ポイントその2

    田植え機はメンテナンスされているか

    田植え機は買取に出す前に掃除をしておくと、買取金額が上がりやすいです。車体が泥で汚れていたりサビついていたりすると、普段から手入れしてない印象を受けます。田んぼで使用する農機具なので、泥で汚れてしまいますが田植え機を正確に査定させていただくためにも、洗車やメンテナンスをおすすめします。屋外でコンバイン・稲刈り機を保管するとサビついてしまうので、使用していないときは室内で保管するようにしましょう。また、燃料系を空にする、定期的に注油する、使用しない期間もエンジンを稼働させるといった手入れをしておくと高価買取が期待できます。

  3. ポイントその3

    田植え機を買取に出す時期

    田植え機は買取に出す時期によって、買取額が変動します。田植え機の需要が高いタイミングで買取に出すと、高値で売却できる可能性があります。田植え機は春先に使用する農機具なので、2〜3月に売却するのが望ましいです。田植えのシーズンが過ぎてから買取に出すと需要がないため、来年まで倉庫で保管する必要があります。保管料を考慮すると査定額が下がり、高値で買い取ってもらえない場合が多いです。農機具買取パートナーズでは、時期に関わらず歩行型の田植え機や、故障している田植え機を買取させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

お気軽に無料査定・お問い合わせください!

お問い合わせはこちら

お気軽に無料査定・お問い合わせください!