コンバインのエンジンかからない?不具合の原因と解決方法を解説!

2021.11.06

コンバイン

alt="combine-capture"

「エンジンかからないコンバインは一体どうすればいいの?」

稲刈りを行う際に必要となるコンバインという農機具ですが、ふとした拍子に急にエンジンがかからなくなることがあります。コンバインが使えないと効率よく作業ができないためかなりの痛手です。なんとかしてコンバインのエンジンをかけたいと思っている方のために、今回はコンバインのエンジンがかからない要因や解決策について詳しく解説していきます。

コンバインのエンジンかからないのはなぜ?

コンバインのエンジンかからないのはなぜ?

コンバインに何らかの問題が生じている場合に、エンジンがかからないもしくはかかりづらくなることがあります。解決する術があるのか故障してしまっているのか見極めるためにも、コンバインのエンジンが動かない原因を探ってみましょう。

【コンバインのエンジンがかからない主な原因】

  1. 転輪の油不足
  2. 燃料が悪くなっている
  3. バッテリーが不調
  4. 部品が錆びている
  5. 害獣被害

転輪の油不足

コンバインの転輪が油不足で回転しづらくなっていると、エンジンがかかりにくくなる場合があります。コンバインの足回りは、飛び散る泥などによって特に汚れて錆やすい部分です。清掃をすることはもちろん大切ですが、清掃した状態のまま放置すると油分は不足してしまいます。油が足りないと走行時の摩擦による負荷が大きくなってしまい、転輪の消耗を早めてしまうのです。エンジンがかかりづらいなと感じたら、まず転輪に油不足による不具合が生じていないかチェックしてみましょう。

燃料が悪くなっている

燃料で動くタイプのコンバインを利用している場合は、燃料が古くなっている可能性も考えられます。通常は燃料タンクが空になるまで燃料を入れ替えることはないかもしれません。しかしコンバインを使う頻度がそれほど多くない場合は、タンク内に残っている燃料が劣化してしまうことがあるのです。

タンク内に残っている燃料をチェックしてみて以下のような状態になっている場合は、燃料劣化によるエンジントラブルが起きていると考えるべきでしょう。

  • 嗅ぎ慣れない悪臭を放っている
  • 燃料自体が濃い黄色や茶色に変色している
  • 変質してガムのようにねばねばしている

バッテリーが不調

充電式のコンバインを使用している場合は、バッテリーをチェックしてみましょう。単純に充電が不足していて、エンジンが上手くかからない場合もあります。どんなに充電をしても上手くエンジンがかからないのなら、バッテリー自体に不具合が生じている可能性が高いでしょう。何年も使用しているバッテリーは、だんだんと弱くなっていっていくものなのです。

部品が錆びている

コンバインを動かすために必要な部品が、錆びてしまっている可能性も考えられます。錆びを放置すると部品が劣化していき、取り返しがつかない状態になってしまうこともあるので注意しましょう。部品に付いている錆びは、錆び取り剤などを使用すればある程度除去することができます

エンジンがかからない場合は以下のような部品を確認し、錆びてしまっていないかチェックしてみましょう。

  • セルスイッチ
  • レギュレーター
  • 転輪のチェーン

 

害獣被害

コンバインに潜り込んだ害獣によって、配線などが被害を受けている可能性があります。特に多いのは、ねずみによる被害でしょう。コンバインの中に残っている籾などを目当てにねずみが侵入し、そのまま巣を作ってしまうことがあるのです。ねずみは大切な配線をかみちぎったり、排泄物によって部品を劣化させたりすることがあります。そのため、コンバインの内部に入り込んだねずみをそのまま放置するのは望ましくありません。

コンバインのエンジンかからない時の解決方法

コンバインのエンジンかからない時の解決方法

コンバインのエンジンがかからないままだと、肝心の稲刈りができません。エンジンがかからない原因がある程度推測できたら、今度は原因に対応した解決方法を実行していきましょう

【コンバインのエンジンがかからない時の解決法】

  1. 転輪に十分な量の油をさす
  2. 新品の燃料に入れ替える
  3. バッテリーを交換する
  4. 修理に出す
  5. 不用品として買い取ってもらう

<h3>転輪に十分な量の油をさす</h3>

転輪の油不足が疑われる場合は、ひとまず転輪への注油を行ってみましょう。また、油不足とならないためには、以下のタイミングを目安に注油を行う必要があります

  • 稼働中は50時間に1回は注油する
  • 稼働シーズンが終わったタイミングでも十分な注油をしておく

新品の燃料に入れ替える

燃料が劣化している様子なら、すぐに新しい燃料に入れ替えましょう。燃料以外に問題が生じていなければ、それだけでエンジンがかかるようになるはずです。

バッテリーを交換する

いくら充電してもエンジンがかからないのなら、バッテリー自体を交換する必要があるでしょう。エンジンがかからないだけでなくリレーが全くカチカチいわない場合は、バッテリー自体が使えない状態になっている可能性が高いです。

修理に出す

部品がひどく錆びている場合や劣化して損壊している場合は、コンバイン自体を修理に出す必要があります。自分の手で部品を入れ替えたり修理したりしたいと考えている方も多いでしょう。ですが、不慣れな方が下手に修理を行ってしまうとより状況を悪化させてしまう恐れがあるため、プロの業者に修理を依頼するのが無難です。

不用品として買い取ってもらう

コンバイン自体が古く修理をしても元通りのパフォーマンスができない可能性がある場合は、古いコンバインを不用品として売り新しいコンバインを購入するのも一つの手です。コンバインはただ破棄するのにもお金や労力がかかります。そのため、売りに出したほうがお得なのです。ちなみに出張買取や無料査定を行っている農機具買取パートナーズでは、古くなったコンバインの高価買取も行っています。

コンバインを長持ちさせるための工夫

コンバインを長持ちさせるための工夫

コンバインはきちんと使用していれば7年程度(800時間)は使い続けることができる農機具だといわれています。なるべく長くコンバインを使い続けたいと思っているのなら、以下のような工夫を施す必要があるでしょう。

【コンバインを長持ちさせるための工夫】

  1. コンバインの清掃を徹底する
  2. コンバインの保管場所に注意する

コンバインの清掃を徹底する

コンバインを長持ちさせたければ、使用するたびに丁寧に清掃を行いましょう。コンバインはただでさえ泥などで汚れやすい農機具なので、汚れを放置すると錆びによる劣化が生じやすくなってしまうのです。月に一回は細かな部分まで徹底的に掃除するようにすると、より長持ちしやすくなります。

コンバインの保管場所に注意する

コンバインを使っていない間は、置いておく保管場所にもこだわるようにしましょう。以下の条件により多く当てはまる保管場所が見つけられれば、コンバインは長持ちします。

  • 雨にさらされない屋外
  • 直射日光が当たらない場所
  • 風に当たらないシャッターなどがあるところ

どうしてもエンジンかからないコンバインは買取業者へ

どうしてもエンジンかからないコンバインは買取業者へ

コンバインのエンジンがかからない場合は、まず原因が何なのか探る必要があります。原因に対応した解決方法を試すことで、コンバインのエンジンはかかるようになるはずです。ただし、コンバインも経年劣化を起こすので、最終的には買い替える必要があります。古いコンバインを処分するためのコストを抑えたいという場合には、農機具買取パートナーズのような買取業者に買い取ってもらうのがおすすめです。

査定 査定を依頼する(無料)

買取実績

関連記事

お気軽に無料査定・お問い合わせください!

お問い合わせはこちら

お気軽に無料査定・お問い合わせください!