取り扱いメーカー

コマツ

コマツ

コマツは国内No.1のシェアを誇る建機メーカーです。主力製品は、「ユンボ、ブルドーザー、フォークリフト、ホイールローダー」になります。2018年にはICT建機を導入する表明をしており、スマート農業への注目も集まっています。

詳細を見る

トヨタ

トヨタ

トヨタの特徴と歴史

トヨタは日本国内で最も時価総額が高い企業です。トヨタが開発する製品は故障が少なく、 メンテナンスがしやすいため、リセールバリューが高いことが特徴です。ブランド力が強いため、海外からの人気も高く生産台数の約80%は海外へ輸出されています。

詳細を見る

ニプロ

ニプロ

ニプロはロータリーやハローといった農機具のアタッチメントに特化した農機具メーカーです。1900年に創業したニプロは、現在までアタッチメントの製造を続けており、 農家から高い信頼を得ています。

詳細を見る

タカキタ

タカキタ

タカキタは、酪農家用の農機具を主力としており、社歴は100年を超えています。 農機具の販売先は国内だけに留まらず、農機具の需要が高まっている中国にも 広げており、グローバルに活躍している農機具メーカーです。

詳細を見る

ホンダ

ホンダ

ホンダの主軸事業は自動車事業ですが、エンジン開発の技術力を活かし、農業分野へも 進出しています。中でも除雪機は、国内シェアが最も高く、北陸地方や北海道地方といった 雪国では需要が高い農機具メーカーです。

詳細を見る

丸山製作所

丸山製作所

丸山製作所は農林業の機械開発、販売が主軸事業の農機具メーカーです。 また自社製の2サイクルエンジンを搭載した刈払機やチェンソーは、軽く 長時間作業が出来ると農家の方から高い評価を受けています。

詳細を見る

マキタ

マキタ

マキタは電動工具で国内No.1のシェアを誇る総合電動工具メーカーです。 農業分野では、チェンソーの販売を行っており、他社のチェンソーに比べ 約1.7倍切断力が高いと言われています。また店舗数は、日本国内で100店舗を超えており 直ぐにサポートを受けることが出来ます。

詳細を見る

シバウラ

シバウラ

シバウラは株式会社IHIスターと合併し、現在は株式会社IHIアグリテックとして 農業用インプルメント、芝草・芝生管理機器の開発をしています。 シバウラが独自で開発していた農機具は、ヤンマーが技術を継承し 農機具の生産を続けています。

詳細を見る

共立(やまびこ)

共立(やまびこ)

やまびこは、共立、新ダイワ、ECHOの3社と共にやまびこグループとして 農機具、産業機械、林業機械の製品開発を行っています。共立、新ダイワ、ECHOが それぞれの強みを生かして、幅広く活躍しています。

詳細を見る

三菱農機

三菱農機

三菱農機は農機具の国内シェア第4位を獲得しています。2015年の協業で三菱マヒンドラとなり、今後のグローバル展開が期待されています。クボタと共同開発を行っている製品もあり、協業が多いのも三菱重機の特徴です。

詳細を見る

クボタ

クボタ

クボタは国内トップの売上を誇る農機具メーカーです。国内だけでなく海外でも人気があり、高い評価を得ています。クボタ製品は故障が少なく、耐久性も優れていることから20年以上前のモデルも流通しています。

詳細を見る

イセキ

イセキ

イセキ(ISEKI)は1926年に創業した老舗の農機具メーカーです。1960年代に国内初のコンバインを開発し、業界を牽引してきました。イセキの農機具は新車の価格が安くアフターサービスも充実しています。

詳細を見る

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハの主軸事業は、バイク事業ですが、農業用ドローンや除雪機の 開発・販売も行っております。青色の車体が特徴の除雪機は、ホンダと共に国内で高いシェア率を誇っています。

詳細を見る

ヤンマー

ヤンマー

ヤンマーは農機具界の中でも、クボタに続く国内シェア2位のメーカーです。メンテナンスに手はかかりますが、高性能なので愛用している人がたくさんいます。海外展開に力を入れておらず、他社に比べると海外需要は低いといえます。

詳細を見る

その他のメーカー

  • 新ダイワ
  • オーレック
  • 筑水キャニコム
  • STIHL
  • ロビン
  • ゼノア
  • 日立
  • リョービ
  • ナショナル
  • 川崎重工業
  • カーツ
  • 日立タナカ

詳細を見る

査定 査定を依頼する(無料)

お気軽に無料査定・お問い合わせください!

お問い合わせはこちら

お気軽に無料査定・お問い合わせください!